FX業者によって変わるレバレッジの大切さ

 

利益・損失を左右する「FXのテコ」

FXをしている方、または興味を持っている方なら一度はレバレッジという言葉を聞いたことがあるでしょう。ただ、レバレッジの意味を知っている方でも、しっかりと理解していなかったり、その重要性に気づいていないというかたも多いのが現実です。

そこで今回はレバレッジの意味や重要性について解説します。

レバレッジって何?

FXにおけるレバレッジとは、トレーダーのお金を業者に証拠金として預けることによって、その証拠金の数倍から数百倍の金額で取引ができるようになる仕組みです。

たとえば証拠金として業者に預けた金額が1万円で取引をした際、本来の入金額でみると3万円しか利益が出ていなかった取引でも、レバレッジで証拠金が100倍の100万円になっているため、300万円の利益をあげることができるのです。

これだけ聞くと夢のような仕組みのように思えるかもしれませんが、一つだけ注意しなければならない点があります。レバレッジをかけると、利益が出た場合はその利益を大きくすることができますが、損失が出た場合はその分損失も大きくなるのです。そのため入金額がわずかであったとしても、レバレッジが原因で多額の借金を負ってしまうというケースがあるのです。

レバレッジ(Leverage)を日本語訳すると、「テコ」という意味です。証拠金をテコにかけて利益または損失を大きくするのがレバレッジなのです。

9658db44c890fcada6bbef5b3863bfcd_s

業者によって違うレバレッジ

より少額の入金で大きな利益を出したいというトレーダーであれば、数百倍の大きなレバレッジで取引したいと考えるでしょう。実際、数年前まではどの業者であっても高いレバレッジを準備しており、トレーダーは思い思いのレバレッジでトレードをしていました。

しかし2011年にFXに法改正が入り、国内FX業者のレバレッジ上限は25倍となりました。よってレバレッジの大きさという観点から見ると、国内業者は横並びであるといえるでしょう。

そんな中、個人トレーダーが高いレバレッジで取引をする方法が一つだけ残っています。それは、海外のFX業者を利用することです。海外の業者であれば日本の規制などが適用されないため、未だに800倍など高いレバレッジを設定しているのです。

最近では日本語サポートもしっかりとしている海外FX業者も多くなっているので、高いレバレッジをかけたいという方は海外業者の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

2fddf4b238656b1becf5d5fc80b0e962_s

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です