夢の金利生活は実現可能?スワップポイントの注意点

「スワップ狙い」は正攻法か

9addbae2bb749776a913c872513a2723_s

スワップポイントとはFXにおける金利のことを指します。国によって金利は異なるため、低金利通貨をう高金利通貨を買えば、2通貨間の金利差がそのまま利益になるのです。

よくFXでは南アフリカランドという通貨が売買の対象になります。南アフリカランドがアメリカドルや円、ユーロなどに比べてメジャーとはいえないにも関わらず注目が高まっているのは、南アフリカランドの金利が非常に高いからです。(ここ数年6%前後を推移)

実質ゼロ金利政策しいている日本の円と比べ金利差が非常に大きく、スワップポイント狙いで日本円を売って南アフリカランドを買うという動きは、昔からのトレンドになっており、「投資」ではなく「資産運用」感覚で取引をしている個人トレーダーも多いです。

このスワップポイント狙いのトレードは果たして少ないリスクで儲けられるのでしょうか。今回はスワップポイントの注意点を検証します。

最も警戒すべきなのは・・・

スワップポイント狙いのトレードで最も大きなリスクは、「為替差損」といわれるものです。為替差損とは、たとえ金利の高い通貨を買ってその金利で利益を得ていたとしても、その通貨の価値が下落することで金利で得た利益を上回る損失を出してしまうことです。

特に高いレバレッジで取引をしていると数%の金利に比べて大きな損失が出やすい傾向にあるので、金利があまり大きな意味を持たないことが多いのです。

また、金利が高いとされているニュージーランドや南アフリカにおいては、国の経済を資源が支えている側面が大きく、経済情勢もヨーロッパや北米に比べ不安定なため、高金利通貨はメジャー通貨に比べ価値が乱高下しやすい傾向にあります。

したがって、スワップポイントが高いという理由で通貨を購入しても、大きなリスクがあることには変わりはないのです。

”スワップポイントのポイント”

a7ef5e9b290b8897a5966f0ef3432002_s

  • スワップポイントが高いということを通貨選びや投資の絶対的な基準にしない。
  • 金利で儲けたいならレバレッジは低めに。
  • 複数の通貨で資産を持ち、リスクを分散する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です